【スポーツ庁後援】第16回「3級」芝草管理技術者3級資格認定研修会

【スポーツ庁後援】第16回「3級」芝草管理技術者3級資格認定研修会

2021年9月3日

第16回「3級」芝草管理技術者3級資格認定事業実施のご案内

ゴルフ場をはじめ、各種のスポーツターフ(野球・サッカー・ラグビー・クリケット・競馬・パークゴルフなど)、レクリエーション施設など、多様な場面(河川堤防、道路法面、緑地公園、庭園、水田の畦畔など)で芝生の利用が増えています。近年では学校の校庭芝生化や屋上緑化など、またSDGsにおける芝地の意義や、社会的効用はさらに広がるものと期待されます。

芝生が温暖化防止に役立つことが一般にも知られるようになり、芝草への関心は高まる一方です。これに伴って芝生の造成・維持管理に従事する技術者も増加していますが、農薬の取り扱いや病害等への対処を含めて技術者に求められる知識や技術は非常に高度化、かつ専門化しています。地球温暖化がもたらす気象条件の変動も著しく、芝生管理を取り巻く環境は厳しいものがあります。従来の管理知識・経験則では御しきれない病害虫等被害や夏越しの苦労などが目立っております。

このような社会的要請にこたえるため、テキスト及びカリキュラムを随時更新して、実務により役立つものとしました。芝草管理技術者は芝生管理の専門的な知識を持つものとして、その地位と社会的役割は今後更に高まることが期待されます。

ジュニア世代の育成から高齢者の健康づくりなど幅広くスポーツの振興に資すると認められることから、スポーツ庁の後援となりました。アフターコロナの時代に求められる芝草環境の向上のため、この機会に資格を取得されますよう、おすすめいたします。

 

ページトップへ